×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日  誌

2007年8月H

8月Gへ 8月Iへ

8月16日-17日
福祉労働者連帯ユニオン、16人参加で合宿
車、バイク、電車で三々五々到着
午後から学習会
夕食はバーベキュー
豚のスペアリブ 牛肉 鶏肉
満腹後、団結花火
17日・2日目
早朝、帰る人 散歩に行く人
 散歩からカクメイ強化合宿に。山間を走りぬきます
委員長、1時間半完走
新たに到着する人。♪はるばる来たぜ埼玉! 副委員長も完走
昼食
掃除をして帰ります
合間に団結野球
戻ってきて、合宿の総〜括をしようと思っていたら、
留守を狙って大和ハウスが工事をやっていた。
早速、申入れ行動
駅前は、一時間近く騒然たる状況に
地域の人に大和ハウスの非道さを説明
リンタロー、寝て抗議行動
夕食&総括会議
夕食はシェフのイタリアン 北海道のデッケエ・アサリのボンゴレ
三里塚・タニーのジャムは絶品。タニー、ゴチソウ様 差入れの焼酎「岩窟王」
2品目はリゾット
3品目はカルボナーラ
土産の四里餅
私は誰?
カール鴇田ライブ

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!

海上基地建設を阻止するため連日命がけで座り込みする人たちがいる!

『普天間代替施設 環境アセス方法書撤回を要求』

885ecf68.jpg「名護市辺野古への基地建設に伴う環境アセスメントの方法書を、県や名護市が受け取りを拒む中で国が公「名護市辺野古への基地建設に伴う環境アセスメントの方法書を、県や名護市が受け取りを拒む中で国が公告縦覧を始めたことに対して、市民団体が16日に那覇防衛施設局を訪れ、方法書の撤回を求めました。」

★QAB『普天間代替施設 環境アセス方法書撤回を要求』

なぜ、人々がこれほどまでに怒っているのに、施設局は、日本政府はその人たちの気持ちを無視しようとするのか。本当におかしいよ。市民をバカにする気?アセス方法書を今すぐ撤回して欲しい。戦争のための基地は絶対に造っちゃだめなんだよ!!!!
kitihantai555 at 21:40
辺野古から緊急情報 
8/17・10:30

今日の辺野古は波が大時化で作業船も阻止船も出られません。昨日高江には施設局職員30名が作業員と警備員を連れて大挙してやって来て、阻止行動を牽制する看板を取り付けて行きました。高江で大きな動きがあるかも知れません。また辺野古でも陸上作業ヤードの計画が明らかにされた以上、陸上での阻止行動にも人数が必要です。辺野古、高江共に覚えて是非集まってください。at 10:35

抗議申し入れ行動とメディア情報

本日午前中に行なわれた那覇防衛施設局への抗議申し入れ行動には3名の国会議員含めた35名の方々が集まりましたが、約束していた局長も出てこないという誠意の無い態度でした。次長が対応に出て来たのですが、質問内容にはほとんど答えられず「把握していない」の繰り返しだったようです。また前回申し入れた「作業監督を置く件」と「ジュゴンに配慮した作業時間の件」に対しても何も応えませんでした。市民の税金で自分たちの仕事が支えられているというのに何という態度でしょうか。「よく訓練された木偶の坊」です。今回約束を破られた形だったので、また次回申し入れする旨伝えて解散したようです。

それからメディア情報です。琉球新報の記事二つと市民メディアJANJANの記事一つです。アドレスだけリンクしてあるのでパソコンでご覧ください。JANJANの記事には動画がついていて、低空で飛来するヘリの映像が見られます。高江の日常はこんな危険と隣り合わせであることを知るためにもぜひご覧ください。普天間の危険除去の実態がこれなのです。

「琉球新報・8/16」
普天間移設協 アセスなど2項目議題に
米軍再編法 交付金、防衛相の裁量
「市民メディアJANJAN・8/16」
凄まじい爆音 人権侵害のヘリコプター飛行 沖縄ヘリパッド問題at 12:47


8月16日(木)
10・7三里塚全国集会に大結集を
反対同盟のブログから転載

昨年の全国集会

写真は昨年10月8日に開かれた全国集会

カンパのお願い

 三里塚は20年ぶりの決戦です。同盟員が農地収用の無法にさらされるのは1971年の大木よねさん以来です。全国の皆さんの献身に支えられている三里塚ですが、特段の力と闘いが必要です。
 三里塚に心を寄せる多くの皆さんの闘争支援カンパをあらためてお願い致します。

(カンパの送り先)
郵便振替口座
00130-0-562987 三里塚芝山連合空港反対同盟

ちゅら海をまもれ!沖縄・辺野古で座り込み中!

海上基地建設を阻止するため連日命がけで座り込みする人たちがいる!

2007年08月16日

那覇防衛施設局への抗議申し入れ

「那覇防衛施設局への抗議申し入れ」が行われます!!
日時:8月16日(木)10:30
場所:那覇市泊港「とまりん」2階集合
主催:県民会議

みんなで基地建設を止めましょう!!

kitihantai555 at 01:50
辺野古から緊急情報 
8/16・8:00
依然波が高く作業船は降ろされていません。辺野古では陸上座り込みと、陸からの監視行動が続けられています。カヌー隊も陸上待機です。やはり天候の悪化と共に波も高くなる予報が出されていて、先日起きた土種崩れなどへの更なる被害が心配されます。at 08:22
作業船動きなし

今日は作業船の動きは無いようです。カヌー隊も練習を終えて陸上待機に切り替えています。先ほどアップした明日の那覇防衛施設局への抗議申し入れには国会議員の方々も集まるようです。是非共に抗議に参加しましょう。at 13:38

施設局へ抗議申し入れ

明日、16日(木)に県民会議が那覇防衛施設局へ環境アセスメント方法書の公告縦覧強行に対して抗議申し入れ行動を行います。午前10:30にとまりん(那覇泊港)の2階に集合してください。民意どころか名護市の意志も沖縄県の意志も完全に無視した強行に断固抗議したいと思います。当の小池さんは記者団の「人事変更は必要なのですか」という突っ込みに対して「はぁ?」と失礼な返答をしていました。一方、沖縄北方担当大臣の高市さんは今日靖国参拝するようです。この二人は大臣を辞めたいのでしょうか。at 12:21

やんばる東村 高江の現状

ロハスな暮らしの上空に戦争のためのヘリが舞う
のホームページから転載

2007年08月15日

世界の平和?と秩序?に貢献?

日米安保と東村

8月4日の琉球新報。
米軍再編の一環である名護市辺野古の新基地や東村高江のヘリパッドを、北部首長の中でも率先して受け入れを表明してきた宮城茂前東村村長。
麻生太郎外相から「安保円滑運用に貢献」したとして感謝状をもらったそうです。



「世界の平和と秩序に貢献する日米同盟」のためと米軍再編を推し進める人たちがいます。
最初は沖縄の負担軽減とうそぶいていましたが。

オスプレイなぜこだわるのか

http://jp.youtube.com/watch?v=qIefoCavbrg
これは高江に隣接する北部訓練場で訓練しているヘリCH46などに代わって配備されようとしている新型飛行機(ヘリコプターではありません)MV22オスプレイ。
このプロモ見てかっこいいと思う人もたくさんいるんでしょうね。

http://jp.youtube.com/watch?v=qyI96AfYgC8
これは1991年のテスト飛行中の事故。
1982年から開発が始まったオスプレイ。実は事故が相次ぎこれまで30人が死亡し、Widow Maker(未亡人製造機)と呼ばれるほどの代物です。今年2月にも操縦不能を引き起こすコンピュータチップの欠陥が見つかるなど依然トラブルが頻発しています。
なのにアメリカは執拗にあきらめず、9月にはイラクでの戦闘に使用すると言っています。

誰が儲かって誰が苦しんでるの?

政府首脳の多くが軍需産業に関係するアメリカ政府。
このオスプレイをはじめ、いったいどれだけのお金を軍事に注ぎ込んでいるんでしょうね?

その一方で、福祉、教育、医療の予算はカットされて、ホームレスなど日々の食べ物も手にすることができない飢餓状態にあるアメリカ国民が3100万人もいるそうです。その数は中東と北アフリカの飢餓人口を合わせた数より多いのだそうですよ。(国連食糧機関)

そのアメリカ国民を犠牲にして増殖する米軍の行ってる先、イラクでは死者がすでに100万人を越えています。
貧しくて兵士にならざるを得なかったアメリカの若者たちも犠牲者ですが、そのアメリカ側の死者も3600人を越えています。

Salee Story

http://bravenewfilms.org/blog/8546-july-23rd-salee-story?play=1
これは空爆で足を失くしたイラク人少女の映像。
一緒に遊んでいた兄弟や友だちは、ちぎれてばらばらの遺体となりました。散乱した子どもたちの体のパーツを、脱いだ上着の上に拾い集めなければならなかった親の気持ちはどんなだったでしょう。
このビデオをつくった人の意図はどうあれ、中東のTVニュースではこんな血みどろの映像が毎日のように流れています。
そこには「平和と秩序」なんか微塵もなくて、ただただ憎しみだけが生み出されているはずです。
このアメリカの戦争に日本は、特措法という名で法律を捻じ曲げて、航空自衛隊が給油活動や軍事物資輸送などの軍事行為をしています。

下請けってあんた・・

米軍再編で辺野古の新基地や高江のヘリパッドが完成すれば、日本はますますアメリカの戦争に参加していくでしょう。
8月11日の琉球新報1面に「日米が秘密保全協定」を結んだという記事、「軍事一体化へ加速」という小見出しが付いています。
3面の解説では「国民の知る権利が制約され、目に見えないところで日米軍事一体化が進む危険性もある。その結果日本側が安全保障政策で具体的に判断できず、自衛隊の任務が米軍の『下請け』と化していく懸念がつきまとう。」と締めくくっています。
不思議ですが、国民の間で何の協議もなされずにこんなことが勝手に決められていくんですね。

「下請け」ですよ、「下請け」。ってことは米軍の代わりに日本人が前線へ行くことになるのでは?

高江のヘリパッドは絶対に造らせません。
これ以上こんな戦争に加担したくはないですから。

耕  





東京行動
 ← 毎週水曜日、夜は、
四谷(今日は
三鷹)
街宣アクション




市民メディア・インターネット新聞JANJAN
JANJAN

8月Gへ 8月Iへ